市民連合@京都とは

「市民連合@京都」は、「安保関連法に反対するママの会」「自由と平和のための京大有志の会」「安全保障関連法に反対する学者の会」を呼びかけ団体とする、多様な市民・市民運動グループのゆるやかな集まりです。東京を拠点とする「市民連合」や、「関西市民連合」とも連絡をとっていますが、独立した団体です。

わたしたちは、この夏の国政選挙でのたいせつな課題として、次の3項目を訴えていきます。

  1. 集団的自衛権の閣議決定の撤回
  2. 安保関連法の廃止
  3. 憲法を遵守し、個人の尊厳を守る政治

そんなわたしたちの合言葉は「選挙は作れる!」。上の3項目だけでなく、今回の選挙の争点を市民自身が考え、その声を立候補予定者に届けます。そのうねりを作り出すことにより、投票率の大幅アップを目指したいと思います。

いっしょに!

現時点では個々の政党や候補者を推薦することは考えていませんが、まずは選挙に多くの市民が積極的に参加できるように工夫します。6年に1回しかない「参議院議員の半分入れ替え(改選)」が、この夏にあるということは、まだ広く知られているとは言えません。そこで、次のような活動を計画しています。

  1. 立候補予定者に公開質問状を送り、諸団体・個人がそれぞれの観点から候補者の考えを判断できるしくみを作ります。そしてそれぞれが、当選してほしい候補者、当選してもらっては困る候補者をはっきりさせましょう。
  2. 街頭の人々に、「〜だから選挙に行きます」というメッセージシートを、どんどん書いてもらいましょう。
  3. こうした市民の思いや考えを、インターネット・チラシ・パンフレットなどを通じて、京都府全体に広く共有していきたいです。

せっかくの選挙権を捨てちゃうのは「もったいない」!!みんながあきらめていた票を集めれば、今まで出来なかったことができるかもしれません。一緒に活動してくれる仲間を、待っています。

*私たちの活動に賛同してくださる方は、こちらの賛同者申し込みフォームからご連絡ください。

設立の記者会見を行いました!

5月17日に京都府庁で、記者会見を行いました!呼びかけ3団体と賛同人代表(*)からごあいさつしました。

  • 西郷南海子(さいごうみなこ­­)・伊藤恵子(いとうけいこ)=安保関連法に反対するママの会@京都)
  • 藤原辰史(ふじはらたつし=自由と平和のための京大有志の会)
  • 岡野八代(おかのやよ=安全保障関連法に反対する学者の会)
  • *槌田劭(つちだたかし)

市民連合@京都のポスターのダウンロードはこちら

スクリーンショット 2016-05-25 0.56.03

*PDF形式のファイルを閲覧するには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。こちらからダウンロードしてご利用ください。
get_adobe_reader