公開質問状「Q10. アベノミクス」の回答

Q10.(アベノミクス)

「アベノミクス」と称される経済政策がスタートしてから約3年半が経過しました。その成否についてどのようにお考えでしょうか。ご自身のお考えにもっとも近いものをご選択ください。

この方針について、どのようにお考えでしょうか。まずa〜cから回答をひとつ選んだ上で、その理由について1から5の中でご自身のお考えに近いものをご選択ください。(理由については複数選択可

  1. アベノミクスは成功しており、第2ステージを推進すべきである。
  2. アベノミクスによる経済効果は限定的であり、再検討すべき時機を迎えている。
  3. アベノミクスは失政であり、抜本的な転換を必要とする。
自民党 ニノ湯さとし 幸福実現党 大八木みつこ
回答なし
党の公約を見てくれと返答
回答待ち
民進党 福山哲郎 日本共産党 大河原としたか
c c
(理由)
  1. 株価上昇、輸出中心企業の収益回復、企業倒産件数の減少、雇用増加と賃金上昇などに見られるように「経済の好循環」を生み出しつつあるから。
  2. 輸出中心企業の利益は、これまでのところ国内の雇用や設備投資にあまり回っていないものの、今後日銀のマイナス金利政策と相まって実体経済を好転させるはずだから。
  3. 質的緩和で日本銀行が「リスク資産」の買い入れを推進したことにより年金や国債が投機の対象となり、一部の輸出企業やヘッジファンドが儲けるにとどまったから。
  4. 雇用増の中身は非正規雇用であり、賃上げの実施は一部の大企業にみられる現象にすぎないから。
  5. 円安で食品など日常生活のコストが増大し、実質賃金は低下し続け、デフレ脱却、物価上昇という目標は達成できていないから。
自民党 ニノ湯さとし 幸福実現党 大八木みつこ
回答なし
党の公約を見てくれと返答
回答待ち
民進党 福山哲郎 日本共産党 大河原としたか
3、4、5 3、4、5

自民党・参院選公約2016

アベノミクス3本の矢によってデフレから脱却しつつある経済の成長による成果を子育て・介護等に分配して、それを更なる成長につなげる「新しい経済社会システム」を構築します。すなわち新3本の矢を放って、「成長と分配の好循環」を創り出します。
未だアベノミクスの恩恵を十分に実感できていない地方の隅々まで、暖かい風を届けるべく、ローカルアベノミクスを力強く推進します。
「自民党・参院選公約2016」参照

0189_back