公開質問状「Q7. 伊方原発の再稼動」の回答

Q7.(伊方原発の再稼働)

四国電力は、伊方原発3号機について7月下旬にも再稼働させる方針を明らかにしています。この方針について、どのようにお考えでしょうか。まずa〜dから回答をひとつ選んだ上で、その理由について1から7の中でご自身のお考えに近いものをご選択ください。(理由については複数選択可

  1. 予定通り再稼働すべきである。
  2. さしあたって7・8月中の再稼働は見合わせるべきである。
  3. 再稼働は無期限延期とすべきである。
  4. 再稼働を断念し、廃炉とすべきである。
自民党 ニノ湯さとし 幸福実現党 大八木みつこ
回答なし
党の公約を見てくれと返答
回答待ち
民進党 福山哲郎 日本共産党 大河原としたか
c d
(理由)
  1. 原子力規制委員会が新規制基準への適合性を確認したから。
  2. 愛媛県伊方町の住民が経済的に困窮するから。
  3. 四国電力の採算を改善する必要があるから。
  4. 中央構造線断層帯への近さ、避難経路の確保の困難という立地上の問題があるから
  5. 放射性廃棄物処理の見通しが依然として立たない状態だから
  6. 放射性廃棄物の中には核兵器に転用できるものも含まれているから。
  7. 福島第一原発の事故により原発事故の被害が空間的にも、時間的にも甚大なものであることが明らかになった上に、まだ福島の事故も終息にはほど遠い状態だから。
自民党 ニノ湯さとし 幸福実現党 大八木みつこ
回答なし
党の公約を見てくれと返答
回答待ち
民進党 福山哲郎 日本共産党 大河原としたか
4、5、7 4、5、6、7

自民党・参院選公約2016

原子力は安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源との位置付けのもとに活用します。いかなる事情よりも安全性を最優先し、原子力規制委員会によって世界最高レベルの新規制基準に適合すると認められた場合には、立地自治体等関係者の理解と協力を得つつ、原発の再稼働を進めます。
「自民党・参院選公約2016」参照

0189_back